副業のおすすめでせどりを選ぶ理由【収入得るまでが速い!】

job 投資・ビジネス

こんにちは、ケンゴ(@shibaken574)です。
プロフィールはこちら→自己紹介
 
 
この記事では、僕がおすすめする副業は「せどり」で、その理由をお話したいと思います。
 
 
「せどり」というのは、安く商品を仕入れて高く売ることで利益を得るビジネスで、物販とも呼ばれます。僕がこの記事でお話するのは、アマゾンを活用した物販(アマゾンせどり)を指します。
 
 
どうしてせどりをお勧めするのか。その理由は、ビジネス開始から収入を得るまでが他のビジネスと比べると圧倒的に速いからです。
 
 
特に次のような方にはおすすめです。
 
こんな人におすすめ

  • 誰かに雇われずにお金を稼ぎたい(アルバイトなどの副業は×)という人
  • 何か副業を始めたいけど何をすればいいのか迷っているという人

 
特に、自分の力でお金を稼げるようになりたいけど今すぐやりたいことが見つからない、何をするのがいいのか考え込んで動けずにいるという方には、最初のビジネスとしておすすめしたいです。
 
悩んで時間を浪費するぐらいなら、すぐにでもせどりを始めてみていただきたいな、と思っています。
 
 
ということで、ここから先は、せどりをおすすめする理由を説明していきたいと思います。
 
この記事の内容

  • 理由①:初期費用が安い
  • 理由②:仕入れのためのツールが充実している
  • 理由③:FBAにより手間を大幅に削減できる
  • 理由④:アマゾンの集客力・セールス力を利用できる
  • 理由⑤:時間の融通が利く
  • まとめ

 
それでは、1つずつ説明します。

理由①:初期費用が安い

何かビジネスを始めるとなると、相応の初期費用がかかるのが常です。例えば、事務所の家賃やPC、机、従業員の人権費、ソフトウェア、インターネット等々です。こういった商品等の仕入れを除く固定費が、アマゾンせどりの場合はとても少ないです。
 
アマゾンせどりの初期費用

  • アマゾンFBA(後ほど説明します)の費用 約5,000円/月
  • 商品の売れ行きチェックサイト閲覧費用 約2,000円/月
  • 合計 7,000円/月

 
 
上記のように、月々7,000円でアマゾンせどりを始めることができます。初めてビジネスをするという方からすると、逆に少し高いと感じるかも知れません(当初僕がそうでした)。しかし、アマゾンせどりで月々7,000円を稼ぐのは難しいことではありません。というか、驚くほど簡単です。
 
 
アマゾンせどりの場合、1~3ヵ月継続できれば、月の売上が50~100万円にはなります。利益率はそのうち10~20%にはなるため、月商50万で利益率10%でも5万円の利益を稼ぎ出すことができるビジネスです。
 
 
後で説明する仕入れツール(アプリ)を使えば、仕入れ商品を見つけることも難しくないですし、月々の固定費も7,000円と少なく、とても始めやすいビジネスだと思います。
 
 
なお、アマゾンに出品する場合の初期費用はこちらの公式サイトから確認することができます。
アマゾン出品費用

理由②:仕入れのためのツールが充実している

仕入れに使うツールを紹介します。が、その前にアマゾンせどりのベーシックな稼ぎ方の流れをご紹介します。店舗で仕入れる場合です。
 
アマゾンせどりの流れ

  • 1)店舗に行く
  • 2)商品を検索し、売れ行きを確認
  • 3)利益の概算
  • 4)利益が出るのであれば購入(仕入れ)
  • 5)FBA倉庫に発送(FBAは後ほど説明します)

 
 
と、だいたいこんな感じの流れです。「FBA倉庫に発送」までしかありませんが、アマゾンせどりでFBAを使用する場合は、実作業はここまでしかありません。FBAについては後ほど説明します。
 
 
ここで説明したいのは、「2)商品を検索し、売れ行きを確認」の部分です。
 
 
この手順を可能にするアプリケーションとして、「Amacode(無料)」「せどりすとプレミアム(有料)」があります。最大の特徴として、どちらのアプリでも、アマゾンのWEBサイトから商品のデータを引っ張ってくることができる、というところです。
 
 
これらのアプリが必要になるのは、

  • 仕入れたいと思った商品がアマゾンで出品されているかを確認
  • そして、アマゾンサイト上での販売額を確認

の2点を確認するためです。
 
 
アマゾンサイト上での販売額を確認できれば、利益を概算することができます。
 
 
なお検索というのは、商品のバーコードを読み取ることでできます。
バーコードの読み取り→販売有無・販売額の確認→利益の概算→仕入れ判断、という流れです。
 
 
ちなみに、無料アプリと有料アプリがあれば、当然無料を使うじゃないかと思われるかも知れませんが、せどりすとプレミアムには、仕入れから出品までの作業をこのアプリだけでこなすことができるだけの機能が備わっています。
 
 
Amacodeから入る人は多いかも知れませんが、慣れてくればせどりすとプレミアムを使用する人の方が多いと思います。このアプリを使う場合は、初月10,000円、次月以降5,000円の費用がかかります(どちらも税抜)。
AmacodeとSedolist

理由③:FBAにより手間を大幅に削減できる

アマゾンせどり最大のメリットの1つは、このFBAです。Fullfillment by Amazonの略です。
 
 
端的にいうと、販売する商品を各地にあるアマゾンの倉庫に送れば、あとは梱包から発送までをアマゾンが担ってくれるというシステムです。もちろん、そのための手数料はそれなりに発生します。冒頭で説明した大口出品の4,900円/月とは別途で支払ます。
 
 
アマゾンせどりにおける売上と手数料のイメージはだいたい下の図のような感じになります。利益は、粗利益のことでして、だいたい売上の15~20%です。ここがポイントですが、そうなる商品を仕入れるのがこのビジネスの肝ということになります。
 
アマゾンせどりの売上と手数料のイメージ

Amazonせどりの売上と手数料

理由④:アマゾンの集客力・セールス力を利用できる

そして4つ目は、アマゾンの集客力・セールス力を利用できる点です。
 
アマゾンせどりの最大のメリットはここにあります。
 
一般的に、ビジネスと言えば次の3つの手順が必要になります。
ビジネスの3つの手順

  • 商品を作るまたは仕入れる
  • お客さんを集める
  • 商品を売る

ビジネスの手順などについて詳しく知りたい方には、THINGiがお勧めです。
THINGiとは
 
アマゾンせどりでは、上記のうち、商品を仕入れるだけでよいということになります。「お客さんを集める」「商品を売る」の部分はアマゾンが担ってくれます。
 
 
これが非常に強力です。
 
 
このアマゾンの集客力・セールス力を実感するには、実際に何か商品をアマゾンに出品してみるのが一番早いです。
 
 
先に説明した出品費用のうち、大口出品だと月4,900円かかってしまいますが、小口出品なら1商品につき100円しかかかりません。自宅にある中古本などを試しに出品していただければ、アマゾンの集客力・セールス力がいかに強力かが実感できるかと思います。

理由⑤:時間の融通が利く

最後は、時間の融通が利く、という点を説明したいと思います。
 
 
副業である以上、本業と並行して作業しなければならないと思います。そんな中で、例えばコンビニのアルバイトのような時間が定められた仕事はなかなかやり辛いというのが正直なところだと思います。
 
 
せどりの仕入れは、要は単なるお買い物ですので、仕事のない休日などに作業することができますので、自分のペースでこなすことができるのがメリットです。
 
 
僕も仕事をしながら休日に仕入れをしたり、子供達が寝静まった夜に商品発送作業などをしています。休日のみの仕入れですが、月商(30日間の売上)は200万円を達成しました。利益率は15%程度で、約30万といったところです。
30日間の売上200万達成
AmazonSales200
 
 
通常のアルバイトと比べても、土日などの休日と発送作業だけでこれだけ稼げるのは、アマゾンせどりならではだと思います。

まとめ

僕が副業で「アマゾンせどり」をおすすめする理由を下記5つの視点で説明させていただきました。

  • 理由①:初期費用が安い
  • 理由②:仕入れのためのツールが充実している
  • 理由③:FBAにより手間を大幅に削減できる
  • 理由④:アマゾンの集客力・セールス力を利用できる
  • 理由⑤:時間の融通が利く

アマゾンせどりは、とても稼げるポテンシャルの高いビジネスです。今すぐ何かやりたいことが見つからない方や何から始めたらいいのかわからないという方は、ぜひアマゾンせどりを選択肢に入れてみてください。
 
 
以上です。ここまで読んでくださりありがとうございました。

Follow me!